致死的な障害

致死的な障害がある場合(蘇生治療が必要な場合)には、評価を中止して直ちに適切な介入を開始するのでしたね。

致死的な障害でなければ、体系的なアプローチが継続されます。

コースの中でとくに強調された致死的な障害がありました。 大丈夫ですね。

不安がある方は、テキスト25ページで再確認しておきましょう。

致死的な障害

気道     完全な気道閉塞あるいは重度の気道閉塞

呼吸     無呼吸、著名な呼吸仕事量の増加、徐呼吸

循環     脈拍触知不能、循環不良、低血圧、除脈

神経学的評価 意識なし、意識レベルの低下

全身観察   重度の低体温症、重大出血、敗血症性ショックに一致する天井出血または紫斑

太字は特にコースで強調しているもの

PALSプロバイダーコースの

受講申し込みはこちら

 

PALSアップデートコースの

受講申し込みはこちら

 

AHA BLSヘルスケアプロバイダー(BLS-HCP)コースの受講を希望する方はこちらのリンクをご参照ください。

 

その他の問い合わせはちら

本ウェブサイトに掲載している文章、画像などの著作権はホームページ管理者に帰属します。管理者に事前に許諾を得ることなしに無断で転載、引用することを禁じます。

 

(C) 2013 管理人.

All Rights Reserved.