血糖の補正量

二次評価で測定したベットサイドでの血糖値で低血糖が判明した時点で、低血糖の補正が必要と判断されますね。

低血糖の診断(テキスト P.95)

新生児         45mg/dL未満

乳児・小児・青少年   60mg/dL未満


低血糖の管理では、症状があるか血糖値がかなり低い時には、ブドウ糖の点滴が必要でした。

ブドウ糖として0.5~1.0g/kgが必要でした。明確なメッセージで補正量を伝えようと思うと、濃度と容量を正しく伝える必要がありますが、テキストには25%あるいは10%のグルコースで補正と書いてありますが、その量(ml)をすぐに言うのは大変でした。


一つの覚え方で50の法則という覚え方があります。0.5gの糖を補正しようと思うと

  グルコース        容量(mL/kg)

   50%           1

   25%           2

  (20%)         2.5

   10%           5

濃度と溶液をかけて50になるようにすれば、体重当たり0.5gの糖が補正できるという換算式ですね。

PALSプロバイダーコースの

受講申し込みはこちら

 

PALSアップデートコースの

受講申し込みはこちら

 

AHA BLSヘルスケアプロバイダー(BLS-HCP)コースの受講を希望する方はこちらのリンクをご参照ください。

 

その他の問い合わせはちら

本ウェブサイトに掲載している文章、画像などの著作権はホームページ管理者に帰属します。管理者に事前に許諾を得ることなしに無断で転載、引用することを禁じます。

 

(C) 2013 管理人.

All Rights Reserved.